アメリカの壁/小松左京

アメリカの壁』を読んだよ。タイムリーな…。

これもKindle積読本。多分、相当に安かったんだろうと思う。しかも、トランプ氏の就任以前だったはずだし。どうして、ここでいきなりトランプ?ということになるけれども、表題作の『アメリカの壁』はまさにトランプがやろうとしていることが現実化した話だから。そう、アメリカに壁ができて、外界からの移動はもちろん、情報も寸断された世界を描いたもの。

おっと、筆者の話が抜けていた。小松左京氏。自分的には『日本沈没』とか『復活の日』とかで懐かしの作家だけど、ここに来て、前述の通り、話題の人となっているわけ。そして、本書はその表題作『アメリカの壁』を含む短編集。1977年の作品だから、かれこれ50年も前に、現代のアメリカを予言したような作品が日本で誕生していたとは…。

で、作品の中で現れる当時のアメリカ評が面白い。

おれがアメリカを好きなのは──その機械的冷淡さだな。いくつかの条件を満たすボタンを押す。そしてスイッチを入れる。と──ガチャンと〝市民権〟が出てくる。いい国だと思う。機械的寛容さと言うか──アメリカは、コンピューターで管理するのに一番いい国で、だからこそ、世界で一番ヒューマニスティックなんだ。
すでにコンピュータ推進国であったのは事実だろけれども、それをヒューマニスティックと表現するとは…。そして、極めつけのセリフ。
アメリカは、この〝孤立〟でうけた損害よりも利益の方が大きいはずだ……。たしかに広大なマーケットを失ったかも知れない。が、アメリカは、もう外の世界から泥沼のような〝援助〟をもとめられたり、国連でちっぽけな国々につるし上げられたり、日本や西ドイツからの〝追い上げ〟をうけたり、〝支配力〟や〝影響力〟のぐらつきに焦ったりしなくてもいいんだ……。
まさにそれが現在のアメリカの選択なんだよね。1970年代にこんなことを考えた人間がいただろうか。スゴイ、スゴイ。

最後にあとがきから。

小説はあくまでフィクションであり、現実ではありません。けれど小松左京のこれら小説群には、ある特徴があります。それは、現実世界を切りとった上での思考実験であり、また多くの場合、現実世界への警鐘の意図が込められています。
そう、表題作の他にも、そもそも人間ってなんだんだ?って思わせるものが多く、筆者の視点がユニークだな…という作品集でした~。