99・9%は仮説―思いこみで判断しないための考え方

『99・9%は仮説―思いこみで判断しないための考え方』を読んだよ。竹内薫の著作は、分かり易くて面白いよ。

世界は仮説でできている…なんていきなり言われても、「なにそれ?」って思うかもしれないけど、まさに世の中は仮説だらけ、科学は万能じゃないって言われても、「それってどういう意味?」になると思う。それを多くの事例を交えて、見事に解説してくれているよ。

ヘンな常識ってあるよね。これって単なる仮説。例えば、「地動説」がまさにそれ。ガリレオ・ガリレイが地動説を説明しても、地球が動いているはずがないっていう仮説が前提になっているから、誰もが理解しなかったわけ。こんな事例が世の中にはいっぱい。
もう一つの事例。冥王星は惑星から降格されたけど、結局これも仮説がひっくり返っただけの話だよね。

結局、

世の中に未来永劫正しいことなんて存在しない。なぜなら、人間の考えることは、すべて「仮説にすぎない」からです。
と筆者。

そして、科学とは何かの話題。科学は仮説に集まりでしなかいんだよね。そう、地動説に戻って考えてみれば、太陽が動くという仮説が、ガリレイによって地球が動くという仮説に変わっただけの話。

そうやって考えてみると、われわれが知っている科学も、実は、科学史でしかないことに気づきます。
いま現在起きていることは、じきに歴史になります。それと同じで、いま現在進行中の科学も、すぐに科学史になります。
つまり、科学とは、いちばん新しい仮説の集まりにすぎないのです。
科学はあくまで文化であり、それゆえに永遠の真理にはなりえないのです。
「話が通じない人」の話も面白いよ。話が通じない人との話ってイヤになるけど、要はその人と自分の前提としている仮説が違うからなんだという。
だからと言って、同じ仮説の上に立つのも、非常にエネルギーのいることなんだけどなぁ〜。
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方竹内 薫

光文社 2006-02-16
売り上げランキング : 5274

おすすめ平均 star
star知的に見えたい見栄っっぱりに
starエンターテインメントとして
star物の見方をリセットする。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ