最長片道切符の旅/宮脇俊三

最長片道切符の旅 (新潮文庫)』を読んだよ。やっぱり、旅行モノが続く。

宮脇俊三氏の2作目が本書。前作の『時刻表2万キロ』中央公論社在職中だったが、本書はいよいよ会社を退職し、本格的な紀行作家として活動を始める段のもの。だから、冒頭では、退職後の鉄道の乗り方について、思いを巡らす。

自由を享受しながら制約をつくりだし、時刻表の楽しみを回復するにはどうしたらよいのか。大海を前にした蛙のような心境で思索しているうちに、思い至るところがあった。
と。そして、その思い至るところが、北海道から九州までの「最長片道切符の旅」というわけ。これがどんな旅なのかと一言で言うと、国鉄の路線を一筆書きのルートで北海道から九州まで乗っていくというもの。しかも、できるだけ最長のなるルートで。分かる人には分かると思う。

…と書いたが、当の国鉄人でもこのルートの切符を見せられたら、幾つもの?が頭に浮かぶだろうと思う。ということで、車掌や駅員の反応がそれぞれで面白いので、以下に紹介。

「なんでも結構です。お客さんですから」
と完全にお手上げの車掌。
「これは何ですか。切符ですか」
とお客さんに逆に聞く改札係。
「生まれてはじめてですわ」
と驚愕する車掌。
「とても私にはわかりません」
と経由地の確認を怠る職務放棄の車掌。

そして、最終日の前日に、

だが、思い返してみると、この駅員こそ私の最長片道切符に対して真正面から対応してくれた唯一の国鉄職員ではなかったか。
という駅員に遭遇する。うん、この駅員は忠実に職務を遂行していたからね。

あぁ、国鉄職員の話で字数を埋めてしまったけれども、日本全国の秋の風景と地形の特徴を感じながら読める本書。下手なガイドブックより、日本を感じられるよなぁ~。

最長片道切符の旅 (新潮文庫)
宮脇 俊三
新潮社
売り上げランキング: 102,088

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

人生がおもしろくなる! ぶらりバスの旅/イシコ

人生がおもしろくなる! ぶらりバスの旅 (幻冬舎文庫)』を読んだよ。バス旅はローカル色が現れる。

このところ、旅もの本が続いているけれども、特に深い意味はないんだけど、やっぱりつい手に取ってしまうということなのかと自己分析しているところ。で、今回はバス旅。日本国内のバス旅もローカル色が豊かで楽しいはずだけど、世界に目を向けてみると、これまた様々なバス旅があり、その土地土地の文化が色濃く反映されるのがバス旅なんじゃないかと思うほど。

もひとつ驚いたのが筆者が男性だったこと。だって、「イシコ」だから。しかも、籍を入れていない妻がいるし。いや、男性でなければ、こんな旅はできないし、妻子があっても、こんな冒険旅はできないだろうな…と想像する。

では、どんな旅なのか。
まずは、日本で。しかも、都内の路線バス。

昔、利用していたバスに乗ると車窓に自分の人生が詰まっていることに気づかされる。車窓から見える風景と地名から記憶を呼び起こし、時間の流れが入り交じったタイムマシーンに乗っているかのようだ。
と筆者。自分の場合は「あの頃は何を考えて生きていたのだろうか…。」という疑問になるんだけどね。

そして、長距離の高速バスでは、

既に窓際のカーテンは閉められていた。カーテンを少しめくると先ほどまで自分が立っていた場所が別世界のように見える。夜行バスは外の世界を感じさせてくれるから好きなのだ。
と言う。そう、狭い車内、狭い座席がひとつの空間となり、そことの対比がそんな印象になるんだろうね。まるで、宇宙船から地球を眺めるような感覚…。

最後に海外編。ベトナムでは、

「すぐ」という時間の感覚は人種や住む地域によって違う。もっと言えば人によって違う。僕が旅を続けたことで得た物の一つに時間感覚の多様性を受け入れられるようになったことがある。何の役に立つかと聞かれると困るけれど。
と言う。そう、「soon」という単語は一つだけど、それを意味する時間が人や状況によって、確実に違うからね。

たまには高速バスなんぞに乗ってみたいと思うけど、長距離の場合、どこまで耐えられるのだろうか…。さすがに青森とはキツそうだなぁ〜。試してみるか?

人生がおもしろくなる! ぶらりバスの旅 (幻冬舎文庫)
イシコ
幻冬舎 (2018-06-08)
売り上げランキング: 473,052

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

旅作家が本気で選ぶ! 週末島旅/小林希

旅作家が本気で選ぶ! 週末島旅 (幻冬舎文庫)』を読んだよ。島国だから島の良さが分かるのか?

本屋の平台でたまたま見つけた本書。旅ルポものは嫌いではないので、手に取ってみる。テーマは“島”。ちょうど、NHK南硫黄島の生態系調査の番組を見たばかりでもあったので、あぁ島もいいな…と感じていたところ。ただ、島となると、基本は船での移動だから、天候が不順になると、週末だけでヒョイと行ってくる気になるかは疑問があるが…。
で、本書は旅作家の小林希氏が自身が訪れたことがある60の島々のうちから、10島を選んで紹介したもの。それぞれの島にそれぞれのテーマをつけた紀行文。

まずは、島旅の良さって何だろ…というところ。筆者曰く、

それぞれの島には、独自の文化や風習がある。もちろん、今いる場所を出れば、同じ日本にいても、こんなにも言葉や食、建築様式など、目に見える大きなことから、些細なものまで、地域によってずいぶんと違うのだとびっくりする。
と。なるほど、島っていわゆるガラパゴス化しやすいからね。あとは、自然現象に大きく影響を受けるってこともあるかもしれないね。

同様に、

日本は有人島無人島あわせて6852島が織りなす島国で、その一つひとつの島には、固有の風俗や文化、歴史がある。島は、言葉も違えば、思想も違う。それぞれがまるでひとつの小国のようなのだ。
とも。だから、島旅は楽しい。新たな発見や新たな視点があるんだよね。

さて、気になるのが島にいる猫。猫が多い島がかなりあるという話なんだけど、どうしてなんだろ。自分なりの仮説なんだけど、漁港という餌場の為なのかなぁ…とも。
さて、何年も島には行っていないけど、どこかに行ってみたいな…。

旅作家が本気で選ぶ! 週末島旅 (幻冬舎文庫)
小林 希
幻冬舎 (2018-06-08)
売り上げランキング: 172,970

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

学校では教えない「社会人のための現代史」 池上彰教授の東工大講義 国際篇/池上彰

学校では教えない「社会人のための現代史」 池上彰教授の東工大講義 国際篇 (文春文庫)』を読んだよ。これがあるから今がある。

池上彰氏の東工大講義シリーズの第3弾。第1段は既読だけど、間違えて、第2弾を読み飛ばしてしまったみたい。まぁ、順番はあまり関係ないと思うけど。ということで、今回は国際編。となると、池上氏の『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズと何が違うのかという素朴な疑問がないわけではないけれども…。

まずは気になるのがこのタイトル。「学校では教えない」ってところがミソで、3学期になって時間切れで現代史はスルーすることが多いけど、もう一つの要因は、定説になっていないということ。なるほど、流動する社会でいい加減なことは教科書に書けないっていうわけね。じゃ、我々は池上さんの本でしか、勉強できないってわけか…。

一番大きなテーマは東西冷戦。うん、世界的な影響が大きいからね。そして、ソ連の崩壊とプーチンの独裁。社会主義繋がりで、中国。その中国と日本、台湾の関係も微妙なわけで、それを象徴するのが尖閣諸島の問題。中国、台湾とも尖閣諸島は台湾に属するという見解。さらに、中国は、

しかし、「台湾は中華人民共和国の一部である」から、尖閣諸島は中国のものである、という論理なのです。
という論理展開なのだと。ビックリ。論理としては正しいんだろうけど、前提条件が間違っているような…。

そして、中東問題。

ただ、国際社会は、イスラエルのこの行動を国連決議に反したものだと判断し、 エルサレムイスラエルの首都としては認めていません。 大使館は相手の国の首都に置くものですが、日本を含め各国ともエルサレムには大使館を設置していないのです。
これで分かった。最近のニュースでアメリカ大使館がエルサレムに移転したことが注目される理由が。事情を知ることでニュースを興味深く見ることができるよね。

最後は池上氏のこんな言葉。

自国の都合で 他国に手を突っ込むと、結局は自国に難題が降りかかることがある。各国とも、これを繰り返してきたのです。こうした 愚かな歴史を知ることで、少しでも失敗を繰り返さないようにする。これが、現代史を学ぶ意味なのです。
そう、世界の現代史を最も学ぶべきは世界のリーダーたちなんだろうね。
学校では教えない「社会人のための現代史」 池上彰教授の東工大講義 国際篇 (文春文庫)
学校では教えない「社会人のための現代史」 池上彰教授の東工大講義 国際篇 (文春文庫)池上 彰

文藝春秋 2015-11-10
売り上げランキング : 16587


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

うっかり鉄道/能町みね子

うっかり鉄道 (幻冬舎文庫)』を読んだよ。こんなうっかり旅もいいかな。

鉄道ものにすぐ反応してしまう自分。今回もうっかり反応して、本書を手に取る。しかも、女子※の二人旅。なんとなく、うっかりぶりが想像できる感じもするし。
※自分はこのあとに知ることになるんだけど、ここはれっきとした女子の二人旅というのでよいと思う。

では、どんな二人なのか。筆者の能町女史は、関東近郊の路線図をスラスラ書けてしまうほど。しかも、そのほとんどを乗っているという。これはれっきとした鉄道マニアなんだろうけど、本人曰く、「鉄道好きではあるけれども、断固として鉄道マニアではない。」ということ。一方、同行のイノキンさん。

イノキンさんは年末の帰省で、普通なら新幹線+乗り換え2回程度で帰れる実家に、各駅停車で超遠回りして14回も乗り換えて帰ったのである(途中で2泊)!
と、能町女史も素質を認めるテツぶり。

で、二人の鉄道旅はどんな感じかというと、鉄道そのものにはあまり興味が向かず、駅舎とか駅の設備とか駅の周りの商店街とかに視点が行きがち。鶴見線国道駅では駅の下の国道下という焼き鳥屋に興味がいったり、岳南鉄道ではオシャレカフェでマッタリしたり。江ノ電に乗った時には、

そういえば、これって鉄道の企画なのに、電車そのもののことにはほとんど触れていない。駅のことさえ触れていない。触れているのは周りの家のことだけじゃないか。こんなんでよかったんでしょうか。
とまで。いやいや、それもうっかりでいいんじゃないでしょうか…。

そう、テツの楽しみ方って、いろいろあるってこと。「楽しいね、鉄道。」って思う自分は何テツだろう。

うっかり鉄道 (幻冬舎文庫)
うっかり鉄道 (幻冬舎文庫)能町 みね子

幻冬舎 2018-04-10
売り上げランキング : 53505


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

理系に学ぶ。/川村元気

理系に学ぶ。』を読んだよ。文系にも学びたい。

「理系」という単語に反応しやすい自分。今までも「理系」を冠した本はだいぶ読んできたような気がする。そこには理系賞賛ではなく、その悲哀とかもあったけど。

本書は同著者の『仕事。』の理系人間版。筆者の川村元気は自らを理系コンプレックスと言うが、世の中を変えていくのは理系人間なのだということに気がつく。そこで理系人間との15人と対話する。さて、その中で筆者は何を見出すのだろうか。

理系の特徴が出た会話を幾つか紹介。
ミドリムシの大量培養に成功した出雲充氏が理系の研究者について曰く、

いろいろな先生を訪ね歩くなかではっと気づいたのは、理系の大学人は論文でも学会でも、成功して結果が出た話しか共有する場がないということでした。効率を上げるという発想がないので、「ミドリムシのここが難しいよね」という失敗談をずっとシェアしてこなかったんです。だから、みんなが似たようなミスを繰り返していて。
うん、これは有りがちな話。研究にも効率という概念が必要だよね。特に、試行錯誤を伴う理系の場合は。失敗事例を実験計画から除去するだけで、その効率が格段に上がるだろうからね。

同じく出雲氏の発言から。

でも、ディズニーランドに行きたい人もいれば葛西臨海公園に行きたい人もいて、そこの傾きが違うというのは微分係数が違うということですよね。ミッキーが好きな人か水族館が好きな人かを積分してプランを作らないと、いいデートにならない。
おっ、これは微分積分の例え話として分かりやすい。こういう例えができるのは理系らしくていいよね。

最後に筆者の言葉から。

理系と文系は「別々の目的」で生きている人間ではない。僕らは「同じ山を違う道から登っている」だけなのだ。
と。だから、頂上では必ず一緒になる。目的は一つでアプローチが違いだけなのだから。でも、その目的ってなんだろ。人生の目的?人類の目的かな?
理系に学ぶ。
理系に学ぶ。川村 元気

ダイヤモンド社 2016-04-22
売り上げランキング : 224382


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

日本のいちばん長い日/半藤一利

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日』を読んだよ。終えるのは難しい。

本書のKindle版を購入して、しばらくは積読状態。こういう時に電子書籍はいいような悪いような。場所は取らないけど、ポチったことを失念するから。
気を取り直して本書。2度ほど映画になっているから、知っている人も多いと思う。そう、終戦記念日とその前日の物語。登場人物は、政府(内閣)、宮内庁、陸軍、NHK、ちょっとだけ海軍、そして昭和天皇
そして、本書の最初の刊行が昭和40年7月。つまりは、終戦から20年。これだけ書けたのは、やはり20年の年月が経ち、それぞれの登場人物が冷静に当時のことを見つめることができるようになったからか。いや、当時の記憶を呼び出すには20年という歳月が限界だったということか。

そして、たった2日間の物語だけど、その内容は濃厚。だから、筆者曰く、

したがって、本書は単に「終戦の日」の思い出ばなしを羅列したものではない。いままで埋もれていた資料をもとに、日本人の精神構造を主題にして構成した、二十四幕の?長篇ドラマ?なのである。
と。そう、1時間に一幕。そして、それぞれに一人のキーマンが登場する。それぞれがそれぞれの思いを胸にしているし、それを行動として起こそうとしている。真剣な思いで。

そして、敗戦か抗戦か。結論は分かっているんだけど、周囲の思いを忖度する人々。だから、

そうした混乱と絶望と苦闘の閣議とくらべれば、この日の、いわば帝国しめくくりの閣議は、葬儀に似てしめっぽいものであったが、ある意味では心安らぐものでもあったことに間違いない。
とか、
これらの部下たちを絶望的な混乱から救い、身をもって正しい決断にみちびくために、陸相は必死の努力を傾けている。なにより彼らに?栄光ある敗北?をあたえてやらなければならない!
という気持ちになるんだろうね。

戦後70年、日本と日本人はあっという間に変わってしまった感があるよね。日本国を思う気持ちは変わっていないといいんだけど。

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日
日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日半藤 一利

文藝春秋 1995-06-25
売り上げランキング : 10712


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ